本日 12 人 - 昨日 20 人 - 累計 14171 人
(NHKニュース「国の借金総額 来年度末1143兆円に」をきっかけに考えました。
1月27日 16時11分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140127/k10014799901000.html


崖っぷちのこの国(課題の見える化)
 あと9年で団塊世代が後期高齢者へ  02.03.2014

  とりあえず、このあたりの主要要素を列記してみました。 フリーマインドのままUPできず、見にくくてすみません ^^;  

1 国債の積み上げ
1-1 少子高齢化 ‥高齢化と納税者の漸減。最長寿国、寿命は延伸中
1-2 税収減と支出の増加
1-3 巨大な社会インフラの更新期
1-4 東北大地震で目覚めた可能性の高い大地震や東南海大地震と大津波の可能性

2 企業の動向
2-1 企業の軸足は海外へ  ‥雇用、法人税、所得税の流出とその影響
   ・ 失業者の増加、国内賃金の低下
   ・ 優秀な若者の国外流出
2-2 排ガス規制適合車やウォークマン、カラオケのような、真似にくく強力な成長産業が見えてこない

3 見えない将来展望とビジョン

4 日本的特質 ‥論議・探究を避け、和する民族
     ‥阿吽の呼吸 男は黙ってサッポロビール
     ‥「皆で渡ればこわくない」総無責任体質
  その結果として、企業や公官庁,教育機関,議会など、組織は押しなべて村社会化する

 * なお、こんな日本について、その可能性はHPに載せています。