本日 11 人 - 昨日 12 人 - 累計 14821 人

人間はなぜ直立歩行になったのか。2013.01.12

 その方が圧倒的に足腰の筋肉が楽。階段をサルふうに、膝を曲げて登ってみるといい。より具体に考えてみると、直立歩行のとき踏み出す前足は、義足のような棒そのもの。すなわち体重の支えのほとんどを骨に頼っている。後足は、わずか前傾した体を少し前に押し出す程度に筋肉を使えばよい。直立歩行では、体重のほとんどが背骨と両足が担っているから、足の筋肉負荷は極めて少ない。

 【このブログは、そのときどきの私の思ったことや、気になる資料です。】



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):